進路指導

信愛の進路指導方針

女性が支える日本の未来

劇的な少子化高齢化の中、就業人口の一人として女性にもますます社会参加が求められ、ますます女性の社会で果たすべき役割も大きくなることでしょう。
わたしたちは「命を育む女子教育」とは「社会に貢献できる女性の育成」と考え、ただ大学に進むのではなく、社会の中で女性が果たすべき役割を立派に果たしていけるに相応しい知識を身につけ、力強く人生を歩める女性になってもらおうと考えています。

生きる力=学ぶ力

高校3年生卒業時の進路選択満足度調査(2009年、リクルートによる調査、全国13000人より回答)によると、満足度の要因には、「第1希望の学校に入学できた」「学びたい学部、学科、コースがある学校への進路が決定した」ということが大きく影響しています。
「将来どんな女性として生きたいか」を考え、「それにはどんな学びが必要なのか」に発展させ、大学で学ぶための基礎体力をしっかり身につければ、変化の速度が加速する社会での厳しい競争にも耐えていける「生きる力」となります。

私たちが夢の実現をお手伝いします!

25歳のあなたはどんな生き方をしていたいですか?目を輝かせて、生き生きと時間を過ごしているでしょうか?
進路指導部は、そんなあなたの夢の実現をお手伝いできることを喜びと考えています。みなさんが「自分の学びたいこと」を発見し、2年生からのコース選択で迷わず、卒業時には自らの力で希望を実現して、社会でその役割を立派に果たす女性へと成長してもらえるように、多くのサポートをしています。

 

 

 

 



* 「プロジェクションマッピングワークショップ」

* ベネッセ・鉄力会主催 中高一貫校向け「医学部への道」に参加してきました。

 



大学入試センター試験の過去問はこちら