Osaka Shin-Ai Blog

学院奉献祭 み言葉の祭儀

2月2日(木)

DSCN7291.JPG 今日、学院奉献祭がおこなわれました。み言葉の祭儀といい、普段のミサよりは少し簡略化された祭儀です。クラレチアン会の長崎壮神父の司式により、本校の学院奉献祭の意義などのお話もしていただきました。今日2月2日は教会でも「主の奉献」の日にあたり、本校もこの日にあわせて、学院奉献祭を催したように思われますが、たまたま一致しただけのように思います。
50年ほど前に、幼子イエスを抱いた聖母マリア画像がクラレチアン会から寄贈され、その時の約束で、毎年、その画像を掲げ、マリア様を通して、本学院と生徒・教職員を神に捧げるという「学院奉献祭」が行われるようになりました。”学院奉献祭の祈り”を書いておきますので、よく心にとめてください。
♡聖マリアの汚れなきみ心よ、私たち大阪信愛女学院の教職員生徒一同は、霊魂と肉身、私た ちすべてをあなたのご保護にゆだね、あなたのみ手を通して神におささげいたします。あなたを母とあおぎ、あなたのご絵を安置するこの学校を祝し、私たちを悪と危険からお守りください。私たちはまた、あなたの慈母的愛が学院関係者のみにとどまらず、広く全世界に及ぶように祈ります。すべての人びとがあなたの子供として、平和と繁栄を楽しむことができますように。そして私たちがあなたのおのぞみのとおり、小さい努力をそのためにおささげすることができますように、私たちに勇気と力をお与えください。 聖マリアの汚れなきみ心 私たちのためにお祈りください♡
DSCN7297.JPG DSCN7295.JPG
枚方教会 長崎壮神父 コーラス部 祭儀を盛り上げてくれます
DSCN7298.JPG DSCN7293.JPG
共同祈願 ご絵を飾るろうそく