Osaka Shin-Ai Blog

聖母月ミサ2016

5月25日(水)

DSCN6846.JPG 今日は、クラレチアン宣教会の竹延真治神父様の司式で、聖母月ミサが執り行われました。本年度、初めてのミサということもあり、竹延神父は中学1年、高校1年で初めて経験する生徒たちのために、丁寧にミサを執り行ってくださいました。
ミサの初めに、司会の宗教委員長は、「学院の母、聖母マリアを称える」という言葉がありました。また、竹延神父の講話でも、聖母マリアは神ではない、人であると繰り返しおっしゃいました。それゆえ、キリストを生み、育て、そしてわが子を殺されてしまうという人生を、最も神に従順に生きた人として称え、尊敬することの大切さをお話しされました。竹延神父は、ヨーロッパの難民問題やシングルマザーなど現代の事柄を例にしたりして、生徒たちにとても分かりやすくお話ししていただきました。

DSCN6849.JPG DSCN6854.JPG
 竹延神父様  共同祈願(高向伴博先生)
DSCN6858.JPG DSCN6860.JPG
 献花  聖体拝領(柿山校長・北島教頭)